保育園について

ホーム > 保育園について 園長・先生紹介

園長あいさつ

ひばり保育園は昭和58年4月に、地域の皆様の強い要望があり設立されました。
当時は見渡す限りの田園風景が広がる中、隣には神社があり散歩で少し歩くと民家の横を流れる小さな川では、ザリガニやタニシがたくさん生息し、また鯉も放流されており、穏やかで心がゆったりする場所がありました。しかし新興住宅地として開発が進みアパート、マンションが立ち並び、同時に核家族化、少子化、母親の就労機会が増加し社会情勢の変化が著しいものがありました。
このように子どもたちを取り巻く環境も大きく変化し、今一度乳幼児期の心の育ちについて見直しが問われています。
体験すること、感じること、伝えること いつも輝きでいっぱいの毎日です
ひばり保育園では子どもたちがもって生まれた素晴らしい可能性、一人ひとりの個性を輝かせるために、たくさんの経験、体験を通して自分なりに見て、感じて、考えて子どもたちが自ら「やりたい」という気持ちを大切にしています。

そして子どもたちには「環境」がとても大切です。毎日の遊びを通してみんなと仲よく遊べる環境、異年齢児との交流による思いやりの心の育ち、自然との出会い、地域の方とのかかわりと通して心の育む保育を行っています。

社会制度の見直しが行われ、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指すとの考えを基本に、平成27年度から「子ども・子育て新制度」が開始されることになりました。
すべての子ども、子育て支援を社会全体で支援することは素晴らしいことだと思います。その中で私ども保育園は今の子どもたちに何が一番必要なのか、地域のニーズは何なのかを考え、自己肯定感のもてる子ども、そして地域の子どもの育ちとお母さん・お父さんの子育てを支える保育園として地域に根付いた保育園を目指していきます。
子育てを応援する 社会づくりの一端を担える保育園を目指します 園長 松浦典子

先生紹介

主任保育士 渡辺成美

子どもたちが日々の園生活や遊びを通して様々な経験をし、健やかに成長できるよう、また主体性を尊重し、子どもたちが自ら育ち自立していくよう一人ひとりの発達を捉え、子どもたちの思いをしっかり受け止めながら、それぞれに合った適切な援助や環境構成ができるよう心掛けて保育を行っていこうと思っています。

管理栄養士 内藤恭美

子どもたちに行事食(四季)やクッキング(体験)を通して和食の美味しさ、良さをみんなと楽しく感じとってもらえたらと思っています。
食材にも地元の方の協力を得ながら安全なものを、アレルギー、衛生面におきましても調理員が確認し、毎日を健やかに成長できるよう努めてまいります。

看護師 名越彰子

勤めて7年目になります。園児の健康についての相談はもちろんですが、年に1~2回支援のおしゃべり会へ参加し、地域の方ともお話しています。子どもたちが成長していくのを見ていくのがとても楽しいです。