保育園について

ホーム > 保育園について 理念・方針・目標

理念 私たちは社会福祉事業を通して 地域の人々の暮らしに 活力と潤いをもたらす源泉となる。

保育方針

  • 保育者は常に笑顔、優しさ、ぬくもりを基本とし
    子ども一人ひとりに対応した保育を行う(個性を育む保育)
  • 十分に配慮された環境の構成を行い、
    子どもたちが主体的に活動できるよう支援する(自立を育む保育)
  • 子ども、保護者との信頼関係を築き、
    異年齢や地域の人々と触れ合いかかわりを大切にする(心を育む保育)

目標

生きる喜びを分かち合い、心身ともに健やかに伸びる子
  • 心の豊かな子ども
  • 友達と元気いっぱい遊べる子ども
  • 自分で考え、行動できる子ども
  • 生活経験を広げ、表現活動の豊かな子ども
  • 最後までやり抜く気持ちを持てる子ども

保健衛生・食育

未来にわたって健康な生活を送ってほしい。 子どもたちの小さなサインを 温かくキャッチしていこう。

日々変化する子どもたちの身体やこころの成長・発達。専門的知識を生かしてその時々に適した対応をし、子どもたちの健やかな未来のために今出来る事を考えていきます。

保健衛生 看護師にお任せください。 専門的知識を持った目で毎日の子どもたちの 健康管理に努めています。

子どもの健康支援

健康管理 お子様の発達を把握し、保育士・管理栄養士・園医との連携を取り、心身両面からサポートします。
健康教育 手洗い、歯みがき指導など基本的な衛生習慣が身に付くよう、ていねいに指導しています。
病気・受傷時のケア 怪我や、急な発熱、体調不良の時には責任をもって適切な処置を行います。

健康な環境つくり

衛生管理 お子様が快適・安心して生活できる環境をつくり感染症の予防に努めています。
保護者との連携 健康に関する情報提供を行い、お子様の心身の悩み・心配な事など相談に応じます。
職員への保健教育 救急方法や病気に関する知識、衛生管理についての勉強会を行っています。

管理栄養士にお任せください。 専門的知識を持った目で毎日の子どもたちの
健康管理に努めています。

食事の栄養管理 離乳食・アレルギー食など個々の状態に応じた食事を提供します。
各年齢において食事摂取基準量を満たした給食を提供します。
食に関わる体験 楽しく食事をする事をモットーに選択メニューやバイキング形式での給食も取り入れています。4・5歳のお友だちは食材にも興味・関心が持てるようクッキングを行っています。
食に関する相談・支援 管理栄養士の知識で保護者への情報提供及び相談業務を行っています。

安心してお預けいただける安全対策

緊急管理システム

役場の福祉課、教育委員会、警察との連携により緊急の防犯、
防災情報を携帯電話メールにより保護者の皆様へご連絡いたします。

安全管理システム

外部からの不審者の侵入、園児の園外活動中の緊急事態の発生などに際して、警備会社との連携をとり子どもたちの安全を確保します。